ロケ地

ピエール瀧さんがウラジオストクで訪れたスポットを在住者目線で解説!【YOUR RECOMMENDATIONS #6】

「日本から一番近いヨーロッパ」

東京からわずか2時間30分で行けるロシア・ウラジオストク。

”距離は近くてもなぜか遠く感じてしまう?”

そんなあなたのため、よりロシアを&ウラジオストクを身近に感じてもらえるためのウェブマガジン”Smetana”です!

今回の記事では、「YOUR RECOMMENDATIONS#6でピエール瀧さんが実際に訪れた場所」をウラジオストク在住者目線でお届けします!

YOUR RECOMMENDATIONSは”ノープランで街のオススメをひたすら聞いて周っていく”という企画がモットーのYouTube番組。

番組で触れられた”おすすめスポット”をウラジオストク在住者目線で解説していきます!

ここであらかじめ情報を仕入れて、余裕を持ってウラジオストク旅行を楽しんじゃいましょう!

#6 ピエール瀧【YOUR RECOMMENDATIONS】ウラジオストク編はこちらから

 

前回のお話はこちら

ピエール瀧さんがウラジオストクで訪れたスポットを在住者目線で解説!【YOUR RECOMMENDATIONS #5】ピエール滝さんのYouTube旅番組、「YOUR RECOMMENDATIONS」第4話のロケ地をウラジオストク在住者が解説!...

Zatecky Gus Svetly

後味、カニ?

Zatec(ジャテツ)と言うチェコの街で作られる世界最高峰のホップを使用したビール

ビール自体が作られているのはロシアだそうです。

実際に筆者も飲んでみましたが、カニの味は全くしませんでした…

BALTIKA 7 Export

ロシアビールと言えば、バルチカ!

バルチカビールはサンクトペテルブルグが本社で、街がバルト海に近いことから”バルチカ”と名付けられました。

記載されている番号でアルコール度数が違うのが面白いですよ!

7 Exportは普通のもの(バルチカ3番)より少し強めなビールで、Export(輸出)の名の通り世界各国に輸出されています。

日本にも輸出されているそうなので、もしかしたら日本で見つけられるかも?

実際に筆者が飲んだレポート動画があるのでぜひご覧ください!

お米(OKOME)

有名なオランダのビール会社”ハイネケン”がロシア向けに製造したビールです!

日本の酒造家から着想を得て、お米を使って醸造しています。なんと40%お米でできているのだとか。

よく海外だと日本製っぽく見せるために日本語が商品に使われることがありますが、これはガチでしたね…

最後に

ピエール瀧さんの旅番組「YOUR RECOMMENDATIONS」第6話を在住者視点で解説させて頂きました!

いかがでしたでしょうか?

今後のウラジオストク旅行の参考になれば嬉しいです!

筆者も負けじとウラジオストクについて動画で発信してますので、ぜひご視聴いただけると嬉しいです…!