ロケ地

ピエール瀧さんがウラジオストクで訪れたスポットを在住者目線で解説!【YOUR RECOMMENDATIONS #1】

「日本から一番近いヨーロッパ」

東京からわずか2時間30分で行けるロシア・ウラジオストク。

”距離は近くてもなぜか遠く感じてしまう?”

そんなあなたのため、よりロシアを&ウラジオストクを身近に感じてもらえるためのウェブマガジン”Smetana”です!

今回の記事では、「YOUR RECOMMENDATIONS#1でピエール瀧さんが実際に訪れた場所」をウラジオストク在住者目線でお届けします!

YOUR RECOMMENDATIONSは”ノープランで街のオススメをひたすら聞いて周っていく”という企画がモットーのYouTube番組。

番組で触れられた”おすすめスポット”をウラジオストク在住者目線で解説していきます!

ここであらかじめ情報を仕入れて、余裕を持ってウラジオストク旅行を楽しんじゃいましょう!

#1 ピエール瀧【YOUR RECOMMENDATIONS】ウラジオストク編はこちらから

ウラジオストク空港

極東ロシア・ウラジオストクの空からの玄関口、ウラジオストク国際空港です!

チョビ髭が生えてて、なんだかピエール瀧さんが現地のロシア人に見えてきました…笑

2020年4月現在、日本との直行便は下記にて発表されています。

成田ーウラジオストク
  • 日本航空
  • 全日本空輸
  • S7航空
  • アエロフロート
羽田ーウラジオストク
  • S7航空
関空ーウラジオストク
  • S7航空

動画の冒頭で”Narita-Vladivostok”と書いてあり、夜に到着されています。

推測ですがおそらくピエールさん御一行は、フライトスケジュール的にS7航空でウラジオストクにいらっしゃったんじゃないかなと思います。

空港を出て、早速瀧さんが市内までタクシーを利用していますね!

この時ドライバーから提示された値段は2,500ルーブル(4,500円ほど)。

ウラジオストク空港から瀧さんが宿泊されたホテルまでの相場だと1,500〜2,000ルーブルほどなので、1,000円ほどボラれてしまっています。

まぁそれも旅の醍醐味というところがあるので、慣れてる方は値切り交渉などにもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう?

「交渉するのはちょっと不安…」という方はご安心ください。空港内にタクシーカウンターがあるのでそこでタクシーを頼めます。

料金は一律1,500ルーブルということなので、不安な方はぜひ!

空港からウラジオストク市内に行く手段は、電車・バス・タクシーがあります!

アジムットホテル(Azimut Hotel)

ウラジオストク滞在中、瀧さん御一行が宿泊したのは4つ星ホテルのAzimut Hotel。

1泊1万円ほどで、日本から出張でいらっしゃる方もよくここに泊まります。

ダウンタウンからは少し離れていますが、海が近くアムール湾が一望できるんです!

こちらのアジムットホテル、なんとロシア全土ならぬ世界的に展開していて

  • ロシア(ウラジオストク/モスクワ/サンクトペテルブルグ/ソチetc)
  • ドイツ(ベルリン/ミュンヘンetc)
  • オーストリア
  • イスラエル

ロシアで一番初めに世界展開をした、由緒あるホテルなのです。

Express 24

ホテルでチェックインを済ませた後、ピエール瀧さんは”ビールを買わなきゃ”と街へ繰り出します。

ウラジオストクでは、アルコール飲料を購入できる時間帯が8:00-22:00と時間帯が規制されています。

ちなみにスーパーへ行く途中、瀧さんが撫でていた大きな虎のオブジェはこの辺りにあります!

 

ピエール瀧さんが実際にお買い物をしたこちらのコンビニ、ロゴはロシア語ですが「エクスプレス24」と書いてあります。

ウラジオストクは、24時間開いてるお店も結構あるのでかなりありがたいです…!

瀧さんがスーパーの品目をポケトーク(翻訳機)で翻訳していますが、ウラジオストクのほとんどのスーパーはロシア語表記しか無いのです…!

ウラジオストク旅行で一番大変なのは、間違いなく言語問題でしょう。

英語表記すら無く英語が通じる人がかなり少ないので、少しでもロシア語を勉強しておくとウラジオストク旅行がかなり楽しくなりますよ!

ピエール瀧さんがコンビニの店員さんにオススメを聞いてる場面ですが、後ろの赤丸にご注目ください!

赤丸の棚の中にはタバコが売られています。

ウラジオストクでのタバコの豆知識
  • 法律でタバコを販売する際は写真のように隠して販売しなければいけない
  • 室内での喫煙は法律で禁止されているので、タバコを吸う際は必ず外で吸わなければならない

冬だと極寒の中タバコを吸わなきゃいけなくなるので、喫煙者の方お気をつけください!

ちなみに、ピエール瀧さんが実際に訪れたコンビニの場所はこちら。

ノスタルギア

コンビニの店員さんにオススメされたレストラン、ノスタルギアというロシア料理のレストランですね!

内装はかなりお洒落で、日本のガイドブックに載るくらい人気のお店です。

ここでのオススメはビーフストロガノフ、筆者も実際に食べましたがすごく美味しかったです…!

ロシアのビーフストロガノフは、サワークリームが入っているので日本で見るものより白っぽい色になっています!

ちなみに本ウェブマガジン”Smetana”はサワークリームのロシア語名なのです!(どうでもいいw)

そんなノスタルギアの場所はこちら

ちなみにコロナでロックダウン中はデリバリー対応してくれました。

筆者が実際に注文してリポートしたので、よろしければご覧ください!

次回予告

瀧さんが行った時間は残念ながらノスタルギアレストランは閉まっていたため、またまたスタッフのオススメであるレストランへ到着。

美人な店員さんが出現し、そこで第1話は終わります。

いかがでしたでしょうか?

第2話も引き続き、ウラジオストク在住者目線で解説していきますのでぜひご覧ください!

管理人も負けじとYouTubeでウラジオストク情報を発信しているので、ぜひチャンネル登録お願いします!