領事館からの情報

ウラジオストクの新型コロナ状況【5月30日現在】

●沿海地方政府は,制限措置を6月15日まで延長する旨発表しました。
●カムチャツカ地方政府は,現行の全ての制限措置を6月11日まで延長する旨発表しました。
●マガダン州は5月26日以降の措置として,現地で住所を有さない者または滞在登録のない者(雇用者による招待の場合を除く)がマガダン(ソコル)空港に到着する場合には,その7日以上前に通知を提出するよう義務づけました。
●5月29日付の沿海地方,マガダン州,カムチャツカ地方感染状況(沿海地方1,893名,カムチャツカ地方759名,マガダン州239名)

1 沿海地方政府の措置
沿海地方政府は,制限措置を6月15日まで延長する旨発表しました。5月28日の領事メールでお知らせしましたとおり,5月27日より制限措置の一部が第一段階として解除されていますが,それ以外についてはこれまでの措置(博物館・美術館,劇場,図書館,映画館,ナイトクラブ,ダンスホール,子供のプレイルーム,フィットネスセンター,サウナ,レストラン・バー・カフェの営業(配達は除く)等そのほか人が集まる場所の営業停止)が継続されている旨注意喚起が出されています。
本件知事令の詳細は以下リンクをご参照ください。(5月29日付発表)
https://www.primorsky.ru/news/222662/

2 カムチャツカ地方の措置
カムチャツカ地方政府は,5月31日以降も現行の全ての制限措置を6月11日まで延長する旨発表しました。6月11日以降の段階的緩和措置については,状況が安定した場合に導入されます。
本件発表の詳細は以下リンクをご参照ください。(5月29日付発表)
https://www.kamgov.ru/news/ogranicitelnye-mery-sohranatsa-na-kamcatke-do-11-iuna-30630

3 マガダン州の措置
マガダン州労働社会政策省は5月26日以降の措置として,現地で住所を有さない者または滞在登録のない者(雇用者による招待の場合を除く)がマガダン(ソコル)空港に到着する場合には,その7日以上前に同州の消費者保護・福祉分野連邦監督局支局及び労働社会政策省に通知する必要があると発表しています。通知は書面形式またはマガダン州政府の電子受付を通じて提出することが可能です。到着時に滞在先がない場合は(雇用者による招待の場合は除く),14日間の自己隔離を行うため指定されたリストにあるホテルの手配を自己負担で行う必要となります。
本件発表の詳細(通知状フォーマット,ホテルのリスト)は以下リンクをご参照ください。(5月29日付発表)
https://mintrud.49gov.ru/press/news/?id_4=54002

4 新型コロナウイルス感染状況(昨5月29日時点)
沿海地方:1,893名(うち945名が回復,18名死亡)
カムチャツカ地方:759名(うち名が345回復,9名死亡)
マガダン州:239名(うち173名が回復,3名死亡)