基本情報

【2020年最新&完全版】必ず確認したいウラジオストク旅行での基本情報

「日本から一番近いヨーロッパ」

東京からわずか2時間30分で行けるロシア・ウラジオストク。

”距離は近くてもなぜか遠く感じてしまう?”

そんなあなたのため、よりロシアを&ウラジオストクを身近に感じてもらえるためのウェブマガジン”Smetana”です!

今回の記事では、「必ず確認したいウラジオストク旅行での基本事項」を完全版でお届けします!

ここであらかじめ情報を仕入れて、余裕を持ってウラジオストク旅行を楽しんじゃいましょう!

ウラジオストクのビザ情報&滞在日数

ビザ情報

ウラジオストクを含むロシアの沿海地方へ行くには電子ビザの取得が必要です。

昔は代理店などに行かなければ申請できなかったのですが、2017年から簡易ビザ制度が導入されWeb上で申請できるようになりました!

ウラジオストクが観光地として注目を浴びはじめたのはこのビザ制度が火種になったと言われています。

PCやスマホで簡単に申請できるが一番の魅力ですね!しかも無料!

10分もあれば申請できます😊

滞在可能日数

電子ビザで滞在できる日数は8日間です。

ですがウラジオストクはコンパクトな街なので、3連休あればメジャーな観光スポットは満喫できます!

ウラジオストク旅行のベストシーズンはいつ?

ベストシーズンは夏!

札幌と緯度がほぼ同じウラジオストクは、5月から9月が比較的過ごしやすくベストシーズンと言われています!

市街地は歩いて周れるので、初めて来る方は夏ごろが一番おすすめ!

市内からは少し離れてしまいますが、「ダーチャ」というロシア式別荘に行ってみるのも良いです。

夏でも平均気温が25℃ほどで涼しく、避暑地としても人気なので7~9月はホテルは値上がりしてしまいますね…!

冬も逆に日本では見られない景色がたくさん見れるのでオススメ!

逆に冬は-15℃を超える凍えるほどの寒さなのですが、海が凍っているのでその上を歩けたりとなかなか日本ではできない体験ができるのでぜひ冬にもお越し下さい!

現地で使える通貨は?カードは使える?

ロシア現地で使える通貨は?

ロシアで使える通貨はルーブル(₽)のみです。

ルーブルのレートはどのくらい?

1ルーブル(₽)= 約1.8円 (2020年2月現在)

そのまま計算するとややこしいですが、表示金額の2倍と考えると計算しやすしお財布にも知らずにゆとりができます!

クレジットカードは使える?

ウラジオストクではかなりキャッシュレス化が進んでおり、一部のローカル店舗を除いてカード決済が可能です。

スーパーやカフェ、レストランなど旅行で行くような場所は大抵カードが使えます!VISAやMasterであれば基本問題ありません。

空港や市内のATMでキャッシングもできますので、”必ず両替してからじゃないとダメ”ということではないのでご安心ください!

むしろ、たまに店員さんが細かいおつりを持っていない場合もあるので基本カード払いにしておくことをオススメします!

 

ウラジオストクでの言語について 英語は通じる?

ロシア全土での公用語はもちろんロシア語。

世界の共通言語と言われる英語は、ここウラジオストクでは残念ながらほとんど通じません…

住んで生活してる肌感覚としては、4つ星以上のホテルやレストランでは英語が通じる印象です。

 

なので、ロシア旅行まで時間にゆとりがあるなら少しだけでもロシア語を覚えておくとかなり楽しくなります!

もちろん、日本語はまず通じないのでその辺はお覚悟を…笑

 

次のページ:旅行には欠かせない
”服装選び”を季節ごとにご紹介!

1 2 3 4